京風ちゃんこ鍋で歩行困難に
a0032148_16204079.jpg昨晩は仕事が一段落した仲間の打ち上げ、題してウッチーの為のウッチーアゲ。6人で京風ちゃんこを食べに行った。上品で温かくて美味しかった。残った出汁で作った雑炊は食べ始めると止まらないくらい旨かった。腹の皮が破れるんじゃないかと思うくらい食べた。お陰で帰り道は、あまりの満腹に体を前に倒せず、後ろ体重で歩いて帰った。このような事態に陥る事は年に4度くらいある。ふぅふぅ、苦しいよ〜。いつもの帰り道が3倍くらい長く感じた。
追伸:食べる前に匂いを嗅ぐクセを発見してしまった。みっともないから本当に直したい!
[PR]
by icchan525 | 2004-11-11 16:34 | いっちゃんの楽
<< いつも心躍る夢を見たい ロバートの秋山にぞっこんラヴ >>