殺し寸前の姉弟喧嘩
a0032148_1653444.jpgガキの頃、私と弟は凄まじい暴力喧嘩を繰り返していた。一番古い記憶の喧嘩は弟が1歳の時。不安定にお座りする弟が腹立たしく思えた私は頭を蹴り、後ろに倒れた弟の頭がガラス障子を破壊。なんと奴は無傷だった。弟は大きくなるに連れて凶器を持ち出すようになったが、弟が4歳頃ハサミで私の親指を切り大出血をし病院に運ばれた日から凶器を持つのをやめた。その事を根に持っていた私は小学時代、ファミコンを独り占めする弟に逆襲。部屋のふすまをわざわざ外し弟の後頭部目がけて振り下ろした。ふすまは破けたが弟はやはり無傷だった。
追伸:大人になった今は仲良いですよ(念の為)
[PR]
by icchan525 | 2005-05-20 17:00 | いっちゃんの楽
<< 夢まで蝕む女 朦朧と映画を見る不眠症の夜 >>