今も昔も女役のタマじゃない
a0032148_1849360.jpg私が通ってた幼稚園はミッション系だった。年長組にやったクリスマス劇の事は今でも鮮明に覚えている。配役は一人一人に用紙が配られ自分でやりたい役を記入、それを先生達が見て検討するとゆう方法。私の本心は勿論マリアをやりたい!だったけど自分そんなタマじゃねぇよな…とガキんちょなりに謙遜し大天使ガブリエルと記入した(それもどうかと…w)で、結局回って来た配役は予言者イザヤとゆう人物。要はナレーション的に終始喋る役。私はウザイくらい練習した。家でババの家で、父の店の客にまで聞かせた。イザヤのイはいっちゃんの「い」って考えてたら悪くねぇなって、段々テンションも上がった。(ちなみにマリア役はマリちゃん、ヨゼフ役はヨシノリ君だったな)劇は大成功。ただマリちゃんの歌声が小さかった事だけが不服だったなぁ…

追伸:で、今頃になって「予言者イザヤ」って何者?と思って調べたらコイツ男じゃん…orz
[PR]
by icchan525 | 2005-12-06 18:51 | いっちゃんの哀
<< おまいらも暴露汁!! 「キレてないですよ…」を華麗に連発 >>