「不都合な真実」を見て考えた
a0032148_18124029.jpg秋田にGW帰省した際、男鹿半島へ行った事は書いたけど、この話はしてなかったよね?男鹿と言えば、海風に傾いた松の木が遠くまで広がっている海沿いの風景が印象的なんだけど、こないだ帰省した時は変わり果てた異様な景色にビックリしたんですよ。青々と何千本も続く筈の松の木は見る影も無く枯れて骨みたいな木々が並んでる。以前の景色を知っている人なら何事かと思うよ。山火事?みたいな。「松食い虫にやられたんだよ」と親が言ってた。「環境破壊のせい?」と訪ねると「違うべ」と、親は言ってたんだけど…。昨日、東大の安田講堂で「不都合な真実」の上映会があったので見てきました。恥ずかしながら私、CO2濃度と平均気温が比例しながら上昇してるって事すら知らなかった。でね、霜が降りる時期に一旦死滅する筈の松食い虫が、近年の気候変動で生息し続け、松を枯らす被害を及ぼしている事が分かってさ。環境破壊は私の故郷の景色まで壊し始めてる!って思ったら涙が出てきたワケよ(T-T)ヤバイじゃん地球!私は何をすれば良いんだぁ!とガッテム状態で本編は終わりましたが、エンドロールで私達が取り組むべき事が簡潔に説明されました。よっしゃ今日から省エネ生活じゃ!まずは「冷房効き過ぎて寒いんですけど『不都合な真実』見てないんですか?」と営団地下鉄に苦情の電話をする所から始めます。(←これは自己都合な真実?)

a0032148_18302546.jpg【本日の御告げ】
いっそ誰かになりたいだなんて思っちゃダメだ。君じゃないと出会えなかった人達が周りに沢山居るんだから。
by.ポリ
[PR]
by icchan525 | 2007-06-05 18:23 | いっちゃんの哀
<< モネ展でバ〜ラが咲いた 人生金とは言いたく無いが… >>